にんにくに含まれる成分

 

◎にんにくに含まれる有効成分

 

にんにくは昔からスタミナ食として親しまれてきた食材であり、中華料理、韓国料理、イタリア料理など世界中でさまざまな料理に活用されています。
にんにくは、調味料としても重宝されていますが、多くの方に食されてきたのにはそれなりの理由があります。
にんにくには、滋養強壮効果があり、元気の素と言われ続けており、栄養素も豊富に含まれています。
多くの方は、にんにくを摂取すると、その翌日は疲れが解消し、元気でいられるとのことです。そのため、夏バテ予防のためににんにくを摂取する方も多くなっています。
また健康効果が高いことで知られており、さまざまな病気を予防します。
それでは、にんにくに含まれている成分とその効果について見ていきましょう。

 

・アイリン
にんにくの主成分です。アミノ酸の一種で、にんにくをすりおろしたり、切ったときに独特のにおいを発します。

 

・アリシン
非常に強い殺菌作用を持ちます。アリシンには胃痛や胃腸炎などの胃の疾患を予防する効果があります。しかし、生のにんにくは強い殺菌作用があるため、食べ過ぎると逆に胃を悪くすることがありますので、必ず加熱したものを食べるようにしてください。

 

・アリチアミン
アリシンとビタミンB1が結合すると「アリチアミン」が生成されます。
ビタミンB1は糖質のエネルギー代謝促進効果があります。しかし代謝できる糖の量には限りがあり、一度にたくさんの糖質を代謝することは不可能です。
またビタミンは体内保存ができません。
アリチアミンはビタミンB1と同様の作用が備わっているうえに、ビタミンB1に比べて長時間体内に留まれるため、糖質のエネルギー代謝を高めることができます。

 

・スコルジニン
にんにくの成分と糖分が結合すると「スコルジニン」が生成されます。
スコルジニンには血行促進効果や細胞の活性化を促進する効果があります。そのため体内の老廃物や毒素をスムーズに排出していきます。
その他、肥満予防、コレステロール値の低下、高脂血症の予防が期待できます。

 

・ゲルマニウム
ミネラルの一種です。ゲルマニウムは、有機ゲルマニウムと無機ゲルマニウムの2種類に分類できますが、にんにくに含まれているゲルマニウムには有機ゲルマニウムが多くなっています。有機ゲルマニウムは酸素を循環させる効果が高く、疲労回復や滋養強壮に有効です。有機ゲルマニウムは水溶性であるため、血中への吸収率が高いうえに、体外への排出もスムーズです。

 

・チルアリルトリスフィド
血液の凝固を防ぐ血小板凝集抑制作用を持っており、心筋梗塞や脳卒中の予防が期待できます。また血液をサラサラにしていくため、血液の循環が良くなります。

 

◎にんにくの効能

 

・ガン予防
身体の自然治癒効果が高いため、ガン予防に有効です。

 

・糖尿病
にんにくに含まれるアリシンとビタミンB1が合わさることで「アリチアミン」がつくられますが、この成分には糖質のエネルギー代謝を高める効果があります。
糖尿病は糖質のエネルギー代謝が弱まることが原因で発症するため、にんにくを摂取することで糖尿病を予防できます。

 

・高血圧
血管に溜まった汚れ、コレステロール、中性脂肪が原因でドロドロ血液になり高血圧になります。にんにくに含まれるアリシンという成分は、コレステロール値を下げ、血管を浄化していきます。

 

・かぜ予防
にんにく殺菌作用が強く、また、疲労回復効果もあります。抵抗力がないときにかかる風邪は、にんにくを補給することで予防できます。

 

その他、脳卒中、動脈硬化、心筋梗塞、貧血、肥満、胃痛などを予防します。